オレの転職伝説

悪だくみハゲ

3年ほど勤めていたゴミ会社の先行きが不安になり、「このままいくと、まぁ潰れるだろうな」

と、先が見えたところで腹を決めて、ゴミ会社との縁を切るようにオレはその会社を辞めた。

 

給料は良かったが、それ以上に上司や同僚の腐敗具合が気に入らなかった。。。

 

我慢もできたが、先行き不安な会社に最後までしがみついているのも自分らしくないと思い、退職を決意した。

「あと、もって1年あるかないかだろうな、この会社」

オレは次の職にはすぐ付かずに、社畜で忙しすぎて使えなかった給料(お金)を軍資金に遊びまくった。

お札で汗ふくハゲ

それから1年後、オレはどこかの職場で正社員で働くことなく、コンビニでバイトをしている。

世の中思った以上に厳しくて、なかなか正社員として採用されないワケだ。

あのゴミ会社はどうなったのか?

1年後に潰れる予想をしていたが・・・

・・・・・・・・

・・・・・・

・・・・

・・


健在じゃねーか!

 

社長のアニキが見かねて自分の会社と合併させたそうだ・・・

「辞めなきゃよかったか」・・・と少しだけ思った自分が恥ずかしい。

クソッ。

 

この「辞めなきゃよかったか」事件から2年後。

 

あのゴミ会社はどうなったかというと、急成長して社員もほとんど総入れ替えになっているんだと。

「オレが辞めてから素敵な会社になってんじゃねーよ!」

時すでに遅し。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ